KAAC_Mark
Buyer_btn
No.078

株式会社 タナカ農産

「いいものを供給する」ことで信頼関係を強化

平成6年のライスセンター建設を機に法人化し、多くの生産者や取引業者の方々との信頼関係を大切にしてきました。12年前からは種馬鈴薯の生産販売、8年前からはブロッコリー・キャベツの生産販売をスタート。さらに地域の方々と馬鈴薯生産組合を組織化し、デジマ・ニシユタカ・アンデスレッドを合計18haで栽培、今後も生産拡大を図る考えです。元来、水田には向かないといわれた馬鈴薯ですが、水田でも高品質のものが作れることがわかりました。

また、現在は多収性の品種を中心に種もみの生産にも取り組むほか、従来より手掛けてきたキャベツ・ブロッコリーの生産も進めています。タナカ農産の経営理念は「いいものを供給する」こと。高品質の農産物を作り続けることで、農業生産者や消費者との信頼関係をさらに強めたいと考えています。

Buyer_btn

Buyer_btn

■米・青果:高品質の農産物の生産拡大で経営を安定化

※画像をクリックすると画面いっぱいに大きな画像を表示します。戻るときは右上の「☓」をクリックして下さい。

経営理念

皆の喜びの為にいいものを供給する

 

Buyer_btn

  • ■基本情報
    社名:株式会社 タナカ農産
    住所:869-4701
       八代市千丁町太牟田1957
    TEL:0965-46-0415
    FAX:0965-46-2246
    URL:
    E-mail:okome@basil.ocn.ne.jp

    ■会社概要
    事業内容:米の生産・集荷・販売、種馬鈴薯の生産・販売、ブロッコリー・キャベツの生産・販売
    設立:平成6年6月
    資本金:4,020万円
    売上高:5 億2,000万円
    生産規模:米30ha、馬鈴薯18ha、ブロッコリー・キャベツ40ha
    構成員:役員/6名 従業員/3名、パート2名、技術実習生5名