logomark
KAAC_Mark

新着情報

高収益作物次期作支援交付金の運用見直しに伴う追加措置等について(日本農業法人協会からのお知らせ)

記録日:2020年11月20日

(日本農業法人協会からのお知らせ)アグリビジネス経営塾874号より

高収益作物次期作支援交付金の運用見直しに伴う追加措置等について
「高収益作物次期作支援交付金の運用の見直しについて(令和2年10月12日生産局長通知)」による運用見直しに関し、この運用見直し以前に、本交付金を見込んで、機械や資材に既に投資を行うなど、コロナ禍にあっても積極的な取組を行った生産者の経営に影響が生じ、取組の継続が出来なくなることがないよう、今般、本交付金において、追加の支援措置が講じられました。
▼詳細は農林水産省のホームページをご確認ください。
https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html

○連 載<農業金融>コロナ禍における農業者の課題解決と経営発展を支援

新型コロナウィルス感染症の影響により、社会環境は日々大きく変化しています。緊急事態宣言、外出自粛、その後は感染再拡大への警戒を続けながら、経済活動や社会生活が徐々に再開し、経済立て直しの局面へと移りつつあります。公庫のお客さまへの支援についても、セーフティーネット資金等の資金繰り支援は勿論のこと、経営再建、反転攻勢、アフターコロナ・ウィズコロナ時代の新たな生活様式、ニューノーマルを踏まえた経営発展支援の段階へと前進させていく必要があります。・・・

▼詳細は次のURLからダウンロードしてご覧下さい。

https://hojin.or.jp/wp-content/uploads/agbiz874r.pdf

(農研機構からのお知らせ)

◆露地野菜スマート農業現地見学セミナーの開催(埼玉県)

令和2年度農林水産省のスマート農業プロジェクトに採択された、上里町の露地野菜を中心とした「埼玉加工・業務用野菜スマート農業実証コンソーシアム」では、12月9日(水)、上里町において「スマート農業現地見学セミナー」を開催します。

○開催日時:令和2年12月9日(水曜日) 13時30分~16時00分   

○開催場所:

【第1部:概要説明等】埼玉県・上里町総合文化センター「ワープ上里」

【第2部:現地実演会】埼玉玉ねぎ生産供給センター付近の圃場

○内容:

【第1部】実証事業説明、導入機器・施設の説明等

【第2部】アグリロボ、キャベツ収穫機、直線キープアシストでのマルチ貼り

○定員:先着150名、要事前申込

申込締切:令和2年12月4日(金曜日)

○主催:埼玉県、埼玉加工・業務用野菜スマート農業コンソーシアム

▼申込・詳細はこちらから

 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2020/1104-02.html

 

日本農業法人協会 http://www.hojin.or.jp

◇ご意見・ご要望はお気軽に juku@hojin.or.jp まで!



インデックス