KAAC_Mark

新着情報

(終了)法人協会会員の取り組みがテレビ放送されます

記録日:2011年5月6日

 法人協会会員からのお知らせです。農業生産法人㈲大自然界真生農業進行の取り組みが、以下の日程でテレビ放送されます。お時間のある方は、是非ともご覧下さい。

 なお、法人協会会員より当ホームページを通してお知らせしたい事等ありましたら、事務局の岩崎までご連絡お願い致します。

テレビ放送日時:

 KKT(熊本県民テレビ)

 「遠くへ行きたい 熊本県の旅」

 平成23年5月8日(日)

 12時50分~13時20分

 

※玉名の次の2番目に放送予定です。

 なお、収録は平成23年3月24日~26日で行われました。終盤の冬しおキャベツ畑が収録されています。

 

(関連記事)

 平成23年4月1日付け全国農業新聞において、関連記事が掲載されておりましたので、併せて紹介させて頂きます。以下の内容は、新聞記事を引用したものです。

———————————————————————————

これで勝負 しお野菜

高潮被害生き延びた高糖度野菜

熊本・宇城市 ㈲大自然界真生農業進行

 

 熊本県宇城市の㈲大自然真生農業進行(濱野真幸社長)は、1999年に発生した大型台風、高潮被害の中で生き延びた野菜を選抜し、糖度の高い野菜に仕上げた「しお野菜」をブランド化した。現在、キャベツ、ブロッコリー、コールラビなどを生産し、東京や大阪などの高級料理店中心に販売している。

 濱野社長は「畑が潮を被った時はもう駄目かと思った。でもその中でキャベツが数本残っていた。この生命力を信じ、翌年も栽培したら、高糖度、高品質のものができた」と語る。

 同社では、このキャベツを安定生産するため、土壌中の塩分と糖度の関係を研究。収穫期間は12月から翌3月に限定した上で、特A級品は糖度12度のものを厳選して出荷している。現在、しおキャベツの販売価格は特A級品で一玉当たり200円(税抜き)。高級料理店とタイアップし、しおキャベツのフルコースの提案も行っている。

 濱野社長は「被災という苦難があったが、あきらめずに頑張った甲斐があった。こだわりの野菜を全国の皆さんに味わってほしい」と抱負を語る。



インデックス