logomark
KAAC_Mark

新着情報

法人協会会員が平成23年度第3回農商工等連携事業計画に認定

記録日:2012年4月4日

農商工連携事業計画認定

 中小企業者や農林漁業者が有機的に連携し、互いの有するノウハウ・技術を活用することが目的で、認定を受けた事業者は専門家によるアドバイス等のほか、試作品開発や販路開拓に対する補助、設備投資減税、中小企業信用保険法の特例、政府系金融機関の低利融資による支援等が受けられる。

 西岡養蜂園等から提出された計画は、「園芸農家のニーズに対応した短期花粉交配用ミツバチパッケージの開発、製造及び販売」で、㈱蜂の里にしおか(農林漁業者、八代市)と㈱中川パッケージ八代事業所(中小企業者、八代市)等と連携。短期花粉交配用として通気性・保温性の良い段ボール製造箱を開発する。農林漁業者は、5年間で1億2450万円の売上増とミツバチ増産技術の確立、中小企業者は2億5377万円の売上増等を見込むという。

平成23年度第3回農商工等連携事業計画認定概要(蜂の里にしおか)



インデックス